インフルエンサーマーケティングで売上を上げる方法は?売上アップに成功した会社の事例

「インフルエンサーマーケティングで売上を上げたい!どうしたら良い?」

インフルエンサーマーケティングの売上を上げるには、7つのポイントを意識しましょう!この記事では7つのコツと実際に売上を延ばした企業の事例を紹介します。

インフルエンサーマーケティングは効果的ですが、しっかりターゲットを絞り込んで、なんんために行うかを意識しなければ力を発揮しません。この記事を読めば、売れるインフルエンサーマーケティングの方法が分かります!

インフルエンサーマーケティングで売り上げ向上を図るポイント

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる方法を教えます。

基本的なことですが、意識しなければ的外れなマーケティングを行うことになり、最終的に無駄に費用を払うだけに終わるでしょう。

今から解説するポイントに注意するだけで、売上が変わるはずです!

購買者層を明確にする

インフルエンサーマーケティングで売上向上を図る1つ目のポイントは、購買者層を明確にすることです。

自社の商品を誰が買うのか?年齢やライフスタイル、性別を推定しましょう。

ペルソナというのですが、個人を意識することで、より相手の心に刺さるマーケティングができます。

まずは自社ターゲットを絞り込み、リーチすべき対象を具体化しましょう。

フォロワーと購買者が一致するインフルエンサーにPRを依頼する

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる2つ目のポイントは、フォロワーと購買者が一致するインフルエンサーにPRを依頼することです。

フォロワー数ではなく、信頼度が高く、濃密なコミュニケーションが取れている人を選びましょう。

宣伝のみであればメガインフルエンサーが良いのですが、購買や申し込みなどのアクションを呼ぶには、ナノインフルエンサー程度の方が効果的という検証結果が出ています。

フォロワーはインフルエンサーに親近感を感じており、口コミの信憑性がより高いからです。インフルエンサーの投稿をチェックして、リプライをしているのか?フォロワーは自社の商品を買う人なのかを意識しましょう。

複数プラットフォームを利用してPRしてもらう

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる3つ目の方法は、複数プラットフォームを利用してPRしてもらうことです。

1つのプラットフォームにこだわらず、複数の媒体を利用してみましょう。

例えば美容系の商品の場合はInstagramが適切です。しかし、口コミの拡散からの購買率の向上を狙うならTwitterの方がRT機能があるため、拡散力は高いでしょう。

インスタグラムとTwitterの双方を使うことで、購買と認知向上、自社アカウントへの誘導を行えます。

1つの媒体にこだわらず、複数のプラットフォームでのPRを検討しましょう。

自社SNSをタグ付けしてもらう

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる4つ目のコツは、自社SNSをタグ付けしてもらうことです。

最初から企業HPを探してフォローしてくるユーザーは少数ですが、インフルエンサーのタグ付けで、アカウント自体を拡散してもらえます。

興味を持ったユーザーが、自社アカウントから商品を知り、購買してくれる可能性は高いです。

会社のサイトを見てみようというユーザーは少ないですが、InstagramやTwitterで企業アカウントを見るくらいなら、あまり関心のないユーザーもアクションをしてくれます。

まずは企業の認知度を上げるためにも、インフルエンサーに自社アカウントをタグ付けしてもらい、商品と自社をPRしてもらいましょう。

#(ハッシュタグ)も活用する

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる5つ目のコツは、#を活用することです。

有名なスターバックスは、新商品が出る度にハッシュタグを作成し、自社アカウントでつぶやきます。

スターバックス自体にファンが多いので、ファンが#を使い、自動的に拡散するのです。

もちろん最初から、自社のファンはいません。最初はインフルエンサーにハッシュタグを使ってもらい、フォロワーがそれを真似するように仕向けます。

徐々に#が広がっていき、トレンドに入れば、一気に企業や商品のPRにつながるでしょう。

ランディングページのABテストは必ず行う

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる6つ目のコツは、ランディングーページのABテストを行うことです。

インフルエンサーにPRしてもらえば、多くのユーザーに認知はしてもらえます。しかし、購買の段階になると、必ず企業のLPを経由しますよね。

LPの作りがユーザーの関心を引かないと、購入ボタンは押してもらえません。

それくらいランディングページは大事なのです。

購入ボタンの色が違うだけで、購買率に大きな差があります。

どの色やサイトのテイストが良いのか?LPを複数種類作り、リンクを分けてテストを行いましょう。

効果測定を毎日行う

インフルエンサーマーケティングで売上を上げる7つ目のコツは、効果測定を毎日行うことです。

PR投稿が終わった後は、投稿への反応やURLへの流入を計測しましょう。

いいね!がついていても、全くURLをクリックしていないケースもあります。つまり、なんとなくいいね!して、スルーしており、投稿自体にインパクトがなく、中身まで読んでいないんです。

その場合は写真を工夫したり、ハッシュタグを活用するなど、別の手法を考える必要があります。

インフルエンサーマーケティングは試行錯誤の連続なので、効果測定は必ず行ってくださいね。

インフルエンサーマーケティングで売上を伸ばした企業事例

インフルエンサーマーケティングで売上を伸ばした企業の事例を紹介します。

どのような企業が、どんな手法を使ったのかの参考になり、似たような業種であればアイデアを取り入れてみてください。

株式会社マイスタヴェルク

株式会社マイスタヴェルクは、オリーブオイルなどの高級食材を販売する企業です。。

ターゲットに30〜40代の女性を置き、極上の食卓というコンセプトを設定。オシャレな食卓の写真を撮影して投稿、アンバサダーを選定し、商品を利用したレシピやストーリー図を投稿してもらい、商品の認知度を広げました。

半年でフォロワー数が1.5倍に増加し、投稿に対して20〜30%のエンゲージメントを獲得。

Amazonサイトへの流入も増え、売上が向上しました。

CAFE OHZAN

売上前年比470%

CAFE OHZANは、インフルエンサーマーケティングにより、売上前年比470%を達成しました。

Instagramを利用し、マイクロインフルエンサーに限定して投稿を依頼。女性ファンが多く、オシャレを好む女性をターゲットに、マーケティングを展開。

結果的に売上は最高で前年度470%、自社アカウントのフォロワー数は4倍に増加しました。

ROUTE CAFE AND THINGS​​

ROUTE CAFE AND THINGSは、旅に関する書籍を陳列するカフェです。ビジネス街に店があるため、店のコンセプトと実際の来店層が異なっていることが課題でした。

旅行が好きな20〜30代をターゲットとし、インフルエンサーに投稿を依頼。認知の拡大により、店に20〜30代の旅好きの人が訪れ、物販業も好調になりました。旅行の書籍等も含めて売上がアップし、自社SNSへのリアクション数も400%増加しました。

株式会社さわやか

株式会社さわかやは、飲食店を運営しています。しかし集客に行き詰まり、インフルエンサーマーケティングを開始。自社のInstagramアカウントを作成し、商品提供型のマーケティングを利用。無料で商品を提供し、インフルエンサーが店を宣伝する方法を選びました。36名のインフルエンサーが来店、投稿をおこなった結果、前月比から売上200%アップ。GoogleMapのアクセスは、200アクセスから27,000アクセスへ増えたそうです。

株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、YouTubeを使用して、マーケティングを行いました。人気YouTuberテオさんはじめ10名を起用して動画を作成し、海外にもPRを実施。

Twitterも同時に使い、自社のサービスを#(ハッシュタグ)と共にサービス内容を拡散しました。

再生回数は100万回以上にもなり、サービス利用者と共に売上も拡大。今後は海外展開を伸ばし、インフルエンサーマーケティングの新たな局面へ挑戦中です。

株式会社ロッテ

株式会社ロッテは、クリエイターとTwitterのインフルエンサーと連携し、#イートミントなうというハッシュタグを活用し、インフルエンサーマーケティングを行いました。

新しいミント系のタブレットの宣伝で、キャッチーなハッシュタグは瞬く間に拡散。約110名のインフルエンサーを起用したそうです。

キャッチーなフレーズやキャッチコピーは瞬く間に拡散され、商品の認知度と売上に貢献しました。

まとめ

今回はインフルエンサーマーケティングで売上を伸ばす方法と、実際に成功した事例を紹介しました。

インフルエンサーマーケティングで売上を伸ばすために、何をするべきか、マーケティングの目的やターゲットを絞ることは大事です。

認知度を上げて結局的に売上が伸びるのか、商品をダイレクトに宣伝するのか。方法は様々ありますので、今回紹介した事例も参考にして様々なキャンペーンを考えてみてください。

日本でもインフルエンサーマーケティングは有力で、売上促進に有効な方法。

記事を参考にして、自社の売上を何倍にもするインフルエンサーマーケティングに取り組みましょう!

最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG