インフルエンサーマーケティングのメリットとは?炎上リスクや強みを活かす方法も解説

「インフルエンサーマーケティングのメリットとは?」「インフルエンサーマーケティングにデメリットはないの?」

インフルエンサーマーケティングの強みは、ユーザーに宣伝と思わせず、自然とサービスや商品を訴求できることです。

反面、炎上リスクがあるのはデメリットと言えます。

今回は、インフルエンサーマーケティングのメリットとデメリット、強みを活かして宣伝効果を最大限にするコツをご紹介。

インフルエンサーマーケティングの効果を知り、自社の目的を果たすように、実践していきましょう!

インフルエンサーマーケティングを行う5つのメリットとは?

インフルエンサーマーケティングを行うメリットは5つあります。何事も始める前に、何のためにどのような利益が出せるのかを理解することは重要です。

自社のマーケティングに役立つのかどうか、メリットとデメリットを比較して、検討してください。

市場規模が今後も伸びやすい市場である

インフルエンサーマーケティングの市場規模は、ここ5年間で急速に伸びています。また、2025年までにも、右肩上がりと予想されている市場ですから、将来性はあると言えるでしょう。

2021年で1兆円以上にのぼると見られています。

日本国内でも現時点では425億円の市場規模があり、世界的に見ても主流の宣伝手法になりつつあるのです。

宣伝と感じさせない自然な訴求ができる強みがある

インフルエンサーマーケティングの強みは、宣伝している感が薄いことです。ユーザーは、インターネットで物品を購入することに抵抗は無くなりました。

逆に、リスティング広告等の、明らかに宣伝広告には嫌悪感を示す人が多いです。

しかし、インフルエンサーマーケティングは、CMや広告という感じがせず、さりげなく商品やサービスを宣伝できるのが強み。

嫌悪感なく、商品を認知してもらうことができるでしょう。

フォロワーが商品情報を拡散してくれる

インフルエンサーマーケティングは、拡散力も強みとして挙げられます。特にTwitterなどは、タイムラインに、フォローしている人以外の投稿も表示されやすいです。

そのため、依頼したインフルエンサーのフォロワー以外にも、商品やサービス、イベント等の告知ができます。

ユーザーがいいね!やRTをするほど、投稿が広がっていくので、バズればたくさんの人の目に触れ、インプレッション数が増えるでしょう。

インフルエンサーを厳選すれば最適なターゲットへリーチできる

インフルエンサーマーケティングは、最適なターゲットへのリーチ力が強いのも強みです。美容に関連する商品なら、Instagramでフォロワーと密なコミュニケーションをとっているインフルエンサーを選び、クーポンコード等を発行すれば、販促につながるでしょう。

イベント告知なら、拡散力の強いフォロワーの多いインフルエンサーを使うことで、よりイベントが認知されます。

インフルエンサーが特化した強みを持っているほど、フォロワーターゲットの絞り込みが簡単です。

ネット広告は多数の人の目に触れますが、ターゲットを絞りづらいのが難点。

インフルエンサーマーケティングなら、フォロワー属性とインフルエンサー属性は似ているので、ターゲットへ必要な情報を届けやすいのです。

見込み顧客の行動の分析が簡単になる

インフルエンサーマーケティングは、ユーザーの行動を見やすいのも強みです。見込み顧客たちは、投稿に対して、リプライやいいね!など、さまざまなアクションを行います。

コメントをして、商品について質問している人は、かなり興味を持っていると言えますよね。

投稿を見て、スルーしている人が多いなら、クリックさせるほどの訴求力が足りていないということ。

このように、見込み顧客の行動を分析して、改善に活かしやすいのもインフルエンサーマーケティングの強みと言えます。

インフルエンサーマーケティングのデメリットとは?

もちろん胃ンフルエンサーマーケティングにも欠点はあります。拡散力が強いだけに、一度の失敗が企業にとって重大なダメージになることも。

デメリットを読んで、回避方法を考えた上で、インフルエンサーマーケティングを始めるようにしましょう。

投稿の内容によっては炎上・ブランディング低下の恐れがある

インフルエンサーマーケティングのデメリットは、投稿内容によって炎上する可能性があることです。

インフルエンサーマーケティングで、最もユーザーが嫌悪感を示すのは、ステマ。

ステルスマーケティングとは、宣伝であることを隠して、商品やサービスを紹介することです。

一時ステマ騒動は、かなりニュースにも上がりましたよね。

インフルエンサーが炎上すると、宣伝効果がなくなります。さらには、企業に対して、悪印象がつき、ブランディングが低下する恐れがあります。

最終的に企業としての信用を失うので、マーケティング効果が低下するでしょう。

インフルエンサー自体のイメージが悪化すると効果がなくなる

自社と関係なく、インフルエンサーの行動が批判を浴びる可能性もあります。

記憶に新しいところで言えば、有名なYouTuberが飲み会を開き、自粛中に不謹慎だと炎上しました。

企業が何かしたわけではありませんが、マーケティングを依頼していた企業にも影響があります。

インフルエンサー自体の信頼性が落ち、ファンが離れていくため、コンバージョン率が下がるんです。

ステマと勘違いされるリスクがある

インフルエンサーマーケティングでは、プロモーションであることを明記する必要があります。

記載をせずに口コミ投稿をさせると、ステマと勘違いされます。

単純なミスで、「結局案件じゃん!ステマだ!」と炎上し、最終的にステマを行なった企業と認定されることがあるでしょう。

インフルエンサーの投稿をチェックするなどの対策が取れますが、ステマと勘違いされるリスクは避けるべきです。

インフルエンサーマーケティングのメリットを最大限にする方法

インフルエンサーマーケティングの強みを活かし、広告効果を最大限にするコツを解説します。

いくつかのコツがありますが、基本に忠実に行うのが成功への近道です。

自社内でマーケティング目的(KPI)を塾考する

まず自社で、マーケティングの目的(KPI)を熟考しましょう。考えなしにインフルエンサーに依頼しても、ターゲットのずれなどがあると、宣伝効果が得られません。

インフルエンサーマーケティングの目的は4種類

インフルエンサーマーケティングの目的は、大きく以下の4つに分かれます。

  • 認知向上
  • 興味関心の向上
  • 見込み客増加
  • 購買

目的を決めておけば、プラットフォームやインフルエンサーの規模を決めやすくなるでしょう。

また、認知向上のためにハッシュタグを活用するなどのアイデアも浮かびやすくなります。

まずは自社でインフルエンサーマーケティングで何をしたいか、考えておいてください。

ライバルが起用しているインフルエンサーの傾向を分析する

すでに同業他社がインフルエンサーマーケティングを行なっている場合は、起用しているインフルエンサーの傾向を分析しましょう。

同業他社のマーケティング手法は、自社と同じ傾向になる可能性が高いです。

つまり、女性向けのアパレルのPRなら、女性インフルエンサーを起用している可能性が高いはず。

フォロワーがフォローしているインフルエンサーを分析すると、自社が誰に依頼をすべきか見えてきますよね。

ライバルのインフルエンサーマーケティングの手法を研究し、真似してみるのも良いでしょう。

インフルエンサーを厳選する

インフルエンサーマーケティングの最大のリスクは炎上です。

ターゲット層がフォロワーにいたとしても、素行が悪い人物だと注意が必要。クライアントにも、炎上の火種が飛んでくる可能性があります。

自社が狙うターゲットがフォロワーにいるかも大事なポイントですが、炎上の可能性が少なく、素行が良いインフルエンサーを選ぶべきです。

投稿内容について入念に打合せを行う

インフルエンサーに依頼を行なった後に、投稿の内容は必ず目を通しましょう。

文面に修正があれば直せますし、PRの文言を入れていないなど、軽微なミスはチェックで防止できます。

ステマと勘違いされることを防ぎ、自社のイメージ通りの投稿をしてもらうことができます。

効果測定を実施してPDCAを回す

インフルエンサーマーケティングを依頼した後は、投稿に対してのリアクション等をしっかり観測しましょう。

自社のアカウントやHPにどの程度流入したか?ECサイトの宣伝なら、売り上げが増えたのかなどを計測します。

効果測定のツールを使っても良いですし、インフルエンサーの投稿に対しての、リアクションやインプレッション数をチェックするのも良いでしょう。

最初からうまくいくインフルエンサーマーケティングはそうありません。投稿の質や反応をチェックして、ユーザーに刺さっているか日々チェックしましょう。

まとめ

今回はインフルエンサーマーケティングの強みやデメリット、メリットを最大限にする方法をご紹介しました。

インフルエンサーマーケティングは市場が伸びており、なおかつターゲットに自然に商品やサービスの宣伝を行えます。

炎上のリスクはありますが、しっかりインフルエンサーとやり取りすれば、回避できるでしょう。

インフルエンサーを厳選して、PDCAを回しながら、効果を最大限に持っていけます。

さまざまな強み・メリットを持つインフルエンサーマーケティングで、自社の販促や認知向上を目指しましょう!

最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG