インフルエンサーマーケティングの今後の展開はトレンドに取り残されないマーケティングのコツ

インフルエンサーマーケティングは今後も伸びていくのか?

マーケティングの手法を模索している企業担当の方にとって、重大な課題です。

結論から言えば、今後も世界的にインフルエンサーマーケティングの市場は伸びていきます。

国内だけでなく、海外にも商品をアピールできるチャンスでもあるので、インフルエンサーマーケティングを使って自社の売り上げ・認知を伸ばすことができるでしょう。

今回はインフルエンサーマーケティングの今後の展望や変化、トレンドに乗り遅れないインフルエンサーマーケティングの考え方について解説していきます。

インフルエンサーマーケティングの今後の展望は?

インフルエンサーマーケティングは、今後も日本のトレンドの宣伝方法になっていくことが見込まれます。

現時点の日本では、インフルエンサーマーケティングの市場規模は伸びていますが、まだメディアでの宣伝が主流。

テレビCMや雑誌など、マーケットはまだ動ききっていない状態です。

しかし、世界的な事例や日本でのSNS普及率を見ても、今後インフルエンサーマーケティングは、主流となっていくでしょう。

今から始めても遅い?と思っている人は、決して遅くはありません。

トレンドに乗り遅れないよう、インフルエンサーマーケティングを視野に入れ、販促・認知の拡大に活かしましょう。

日本のインフルエンサーマーケティングの今後の変化

日本のインフルエンサーマーケティングの今後の変化について解説します。

現場のインフルエンサーマーケティングのプラットフォームと、今後主流になるプラットフォームは変わっていく見込みです。

その理由や現状について、詳細を解説します。

現状のインフルエンサーマーケティングのプラットフォーム

現時点での世界でのインフルエンサーマーケティングのプラットフォームを解説します。

Instagramが65%を占めており、次にYoutubeやFacebook、Twitterが続きます。

日本の市場規模のデータを見ると、Youtubeが4割を占めているので、順位が違うことに気づくでしょう。

諸外国では、Instagramの市場が最も大きく、有名インフルエンサーには年間で20億円程度の報酬が支払われることもあります。

それだけインフルエンサーの影響力が強く、Instagramが購買やサービス利用につながりやすいということです。

日本では情報が濃く、視聴者層が広いYoutubeが好まれますが、世界の動きではInstagramが最も利用されているプラットフォームと言えます。

今後の日本のインフルエンサーマーケティングのプラットフォーム

今後の日本でのインフルエンサーマーケティングにおいて、InstagramとTwitterが勢力を伸ばすことが予想されます。

世界的に見てもInstagramはマーケティングに利用されており、世界では65%がインスタグラムを利用して宣伝広告を行っているからです。

Instagramも、フォロワー数に応じてストーリーから購買リンクを貼れる機能、ビジネスアカウントの作成が可能など、マーケティングに適した機能が搭載されました。

Twitterは拡散力が強く、フォロワー以外のタイムラインにも、PR投稿が表示されるのが強みです。

また、アンケート機能など、フォロワーとのコミュニケーションや反応のテストも行えます。

この2つのSNSは日本でも利用率が高いため、日本のインフルエンサーマーケティングのトレンドは、InstagramとTwitterに移行するでしょう。

日本企業は今後海外向けに商品PRが行う必要がある

日本企業は、今後海外に向けて商品PRを行う必要があるとされています。

日本の人口の約65%である8,200万人がSNSを利用していますが、利用時間自体は1日平均45分程度。

世界の平均SNS利用時間は2時間30分ですから、比較すると随分短いのです。

SNS利用者・時間が多い海外へのインフルエンサーマーケティングが成功すれば、売り上げの拡充が見込めます。

また、日本の人口は減少傾向です。市場を拡大するためには、国内にターゲットを絞ってしあうと、業績を伸ばせないでしょう。

例として、日本のYoutubeで最もチャンネル登録者が多いチャンネルは、Junyaチャンネル(1,130万人)です。

一方世界で一番のYoutuberのチャンネル登録者は4,100万人。世界には1,000万人登録者のYoutuberはザラにいるのです。

人口の規模はダイレクトに利用者の数につながります。

海外は日本よりもSNS文化が普及しており、インフルエンサーが薦める商品を購入するのは、当たり前の文化です。

今後自社の売り上げやサービスの普及を考えているなら、海外進出が必要。

SNSはインターネット1つで宣伝ができるツールですから、日本にいながら海外へのPRも行えます。

事実、日本企業が海外向けに英語でツイートするなどの動きも見られ、インフルエンサーマーケティングは、よりグローバルに広がっていく傾向です。

取り残されないために!インフルエンサーマーケティングを取り入れる6つのポイント

インフルエンサーマーケティングを今後取り入れるための、6つのポイントを紹介します。

  1. マーケティングの目的と目標を精査する
  2. 自社商品・サービスに適切なプラットフォームを厳選する
  3. 効果計測ツールの導入をする
  4. インフルエンサーマーケティングのキャスティング方法を模索する
  5. 自社SNSの運用も検討する
  6. 信頼性と誠実さをアピールする

SNSを活用したマーケティングが今後トレンドになり、有効であることがわかりました。実際にマーケティングを始めるにあたり、効果を最大限にするコツを覚えておきましょう。

マーケティングの目的と目標を精査する

インフルエンサーマーケティングを始める前に、マーケティングの目的と目標を明確に精査しましょう。

インターネットの投稿は、多くの人の目に触れますが、流し読みされる可能性もあります。

そのためフォロワー数のみで安易に商品PRを依頼しても、効果が薄い場合があるんです。

  • 自社のブランディングに使いたい
  • 商品やサービスの利用につなげたい
  • イベントの宣伝をしたい
  • ユーザーとのコミュニケーションツールにしたい
  • ユーザーの反応を見てリサーチに使いたい

SNSを使ったインフルエンサーマーケティングは、さまざまな用途に使えます。

ブランディング目的であれば、自社でもアカウントを解説し、タグ付けしてもらう工夫が必要です。

また、商品やサービスを宣伝・購買につなげたいのであれば、マイクロインフルエンサーなど、影響力が強いインスタグラマーなどを使った方が効果的。

イベントの宣伝なら、Twitterなど拡散力の高いプラットフォームを利用すると良いでしょう

闇雲にマーケティングを行うのではなく、商品のターゲットやインフルエンサーの影響力の強さなどを検討し、目的に応じて使い分ける必要があります。

自社商品・サービスに適切なプラットフォームを厳選する

インフルエンサーマーケティングは、さまざまなプラットフォームで行えます。

しかし、自社のターゲットや商品の特性により、プラットフォームは使い分けましょう。

トレンドに乗るだけでなく、効果を最大限にできるターゲットがいるか?プラットフォームの特性を理解しておかねばなりません。

  • Instagram…20〜30代の女性向け・コスメ・アパレル等 購買に繋がりやすい
  • Twitter…年齢層は10〜40代男女 拡散力が強く宣伝等に向いている
  • YouTube…商品の丁寧な説明が出来る ターゲットは幅広い

主要な3つのプラットフォームの特徴は上記です。

美容やアパレルなど、女性向けの商品の販促をしたいなら、インスタグラムが向いているでしょう。

美容に興味のある層が多く利用しており、ターゲットが絞られているからです。

反対にInstagramは拡散力自体は弱いため、イベントの告知や宣伝の場合はTwitterの方が適切です。

インフルエンサーが投稿すると、フォロワーが拡散・いいね!をし、フォロワー以外の人のタイムラインにも表示されやすくなります。

多くの人の目に投稿を触れさせたいなら、Twitterの方が向いているでしょう。

YouTubeは比較的年齢層が広く、動画で商品やサービスについて、詳細に解説してもらえます。コンプライアンスも厳しく、しっかりPRであることが表示される仕組みなので、ステマと思われることも少ないでしょう。

自社商品やサービスのターゲット、インフルエンサーマーケティングの目的に応じて、プラットフォームを使い分けてください。

効果計測ツールの導入をする

インフルエンサーマーケティングには、効果の計測とPDCAが欠かせません。

効果計測に有効なのは、ツールの導入です。

インフルエンサーマーケティングの反応やリプライ数などを可視化し、投稿の効果をしっかり検証できます。

インフルエンサーの選び方や投稿の内容が正しかったか、反応を見ながら改善することで、よりターゲットの心に刺さるマーケティングが可能になるでしょう。

  • 投稿がコンテンツをどの程度見ているか
  • いいね!やリアクション、シェアなどのリアクションを測定するエンゲージメント
  • リンクをクリックして、自社サイトへ流入した数
  • プロモコードを発行し、入力数で効果を測定する

効果の測定として代表的なのは、上記の4つです。

インフルエンサーマーケティングの効果測定ツールは、さまざまなものが販売されています。無料で利用できるものもあるので、必要なツールを導入して、効果を確かめながらインフルエンサーマーケティングを行いましょう。

もしも、インフルエンサーマーケティング全般を、委託しているなら、計測作業まで担当してもらえます。費用はかかりますが、全般的にマーケティングのサポートを求めるなら、委託した方が手間はかかりません。

インフルエンサーマーケティングのキャスティング方法を模索する

インフルエンサーを選ぶ方法は、主に3つの方法があります。

  • 自社でインフルエンサーを探して依頼をする
  • プラットフォームを利用する
  • キャスティング会社を利用する

自社でインフルエンサーを探す方法は、手軽に見えますが、難易度は高いです。

インフルエンサーを探して、依頼をし投稿の打ち合わせまで全般的に行う必要があります。

インフルエンサーマーケティングを初めて利用する方は、次の2つの方法がおすすめです。

プラットフォームとは、インフルエンサーとクライアントのマッチングを行うサービス。

サイトに登録しているインフルエンサーから、自社サービスや商品のターゲットをフォロワーに持つ人物を探し、依頼できます。

運用自体は自社で行う必要がありますが、費用も安く、インフルエンサーをフィルタリングして探せるので、便利です。

最もコストはかかりますが、キャスティング会社を利用するのもおすすめ。総合キャスティング会社は、インフルエンサーの選定からマーケティングにかけて、総合的にサポートを受けられます。

自社SNSの運用も検討する

インフルエンサーマーケティングを利用するには、自社SNSも開設しておきましょう。各種プラットフォームで、自社のSNSにタグ付けしてもらい、ユーザーを呼び込めます。

企業のSNSは信頼性もあり、また商品やサービス情報の宣伝を行なっても、ステマになることがありません。

適宜情報発信を行うアカウントを作っておき、タグ付けしてもらい、そこから販売リンクへ飛んでもらうこともできます。

また、自社アカウントで企業ブランディング等を行いユーザーの信頼や好感を得るのも大事です。

信頼性と誠実さをアピールする

インフルエンサーマーケティングでは、信頼性と誠実さが大事です。インターネットの情報は、どこかで懐疑的な目で見られています。

「ステマでしょ?」「宣伝でお金をもらってるんでしょ?」という見方をするユーザーも少なくありません。

信頼性を築くためには、ユーザーとの適切なコミュニケーションが大事です。

ステマ的な投稿がないよう、インフルエンサーの投稿をチェックすることは欠かせません。

炎上すると企業イメージも下がってしまうので、注意を払ってインフルエンサーマーケティングを行なってください。

まとめ

今回はインフルエンサーマーケティングの今後について解説しました。日本においては、インフルエンサーマーケティングはまだ発展途上。マーケットは今後伸びていきます。

トレンドのプラットフォームや傾向をよく分析すれば、効果的なインフルエンサーマーケティングを行えるでしょう

最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG