explore a way to go

インフルエンサーの意味とは?マーケティングに役立つ基礎知識や規模・媒体別の影響力を解説

「インフルエンサーって、フォロワーの多い人って意味なのかな?」「インフルエンサーマーケティングに興味があるが、どんな媒体を選べば良い?」

インフルエンサーの意味は、SNS上でフォロワーに対して影響力を持つ人です。

しかし、マーケティングにおいては、規模や媒体によっても呼び方が違うこともあり、混乱される方も多いでしょう。

今回はインフルエンサーの意味や影響力の変化、カテゴリ別のインフルエンサーの意味や媒体の特徴について解説します。

インフルエンサーについて理解し、効果的なマーケティングの基礎を学べる記事です。

インフルエンサーの意味と影響力の変化

インフルエンサーとは、英語でInfluencerと書きます。”Influence”つまり、影響を意味する単語が変化したもので、影響力を持っている人のことです。

日本ではブログでの発信が盛んになった2007年ごろからよく使われるようになった言葉で、PV(ブログの購読者数)が多い一般人が、読者に対して強い影響力を持ったことからこの言葉が生まれました。

現在はInstagramやSNS、YoutubeなどのSNSでフォロワー数が多く、視聴者に対して影響力がある人のことを意味します。

インフルエンサーマーケティングの影響力が拡大中

インフルエンサーマーケティングとは、影響力を持つインフルエンサーに商品やサービスの宣伝を依頼することです。

テレビCMや雑誌広告は出演者はタレントや芸能人、モデル等なので全体を通して高額でした。

昔は店頭へ行って商品を精査、購入するのが主な購買手段でしたが、ECサイトの発達により通販で物を買う人が増えたのです。

その際に購買者が意識するのは”口コミ”です。

芸能人よりも近い距離のインフルエンサーの口コミを参考に、商品を購入する人が増えました。

さらに、インフルエンサーは一般の影響力を持つ人ですから、出演料は安く済みます。また、インフルエンサーは、フォロワーからの信頼を獲得している状態です。

そのため、商品やサービスのターゲット層にあうインフルエンサーに依頼すれば、効果的にコストは低く宣伝ができます。

Influencer Marketing Hubがこのほど実施した調査「Influencer Marketing Benchmark Report 2021」を参照するに、インフルエンサーの市場は世界で138億ドル、日本円にして1兆3,800億円に拡大すると見られています。

株式会社デジタルインファクトの市場動向によると、日本国内に限定しても、2020年には317億円と成長を遂げたという結果が出ました。

世界的に見ても、インフルエンサーマーケティングは伸びており、広告の手法として一般的になっているんです。

カテゴリ別のインフルエンサーの意味

個人が持つ影響力・拡散力に応じて、インフルエンサーは種類分けされています。

  1. ナノインフルエンサー
  2. マイクロインフルエンサー
  3. ミドルインフルエンサー
  4. メガインフルエンサー

具体的にどの程度のフォロワー数が必要なのか、説明していきましょう。

ナノインフルエンサー

フォロワー数が数千人から1万人未満のインフルエンサーは、ナノインフルエンサーと呼ばれます。

登録者数自体は少ないですが、その分リプ返しが出来たり、濃密なファン層を形成できるのが特徴。

そのため、拡散力自体は少ないですが、投稿に対しての反応率が高いです。

マイクロインフルエンサー

フォロワー数が1万人以上10万人未満のインフルエンサーを、マイクロインフルエンサーと呼びます。

アカウントの得意分野を絞って運営している人が多く、アカウント所持者に憧れている層がフォローしているのが特徴。

美容・ファッション、ビジネスなど、幅広いジャンルのインフルエンサーが存在しています。頻繁にリプをするフォロワーとのコミュニケーションも可能な範囲のため、ナノインフルエンサーと同じく、商品PRなどをさせるとエンゲージメント率は高いでしょう。

ミドルインフルエンサー

フォロワー数が10万人以上のインフルエンサーは、ミドルインフルエンサーと呼ばれます。芸能人ではなく、SNS等で有名になった人が多く、フォロワーが心理的に「近い距離の人」と思いやすいのが特徴です。

テレビで紹介されたり、自身で書籍(ノウハウ本やファッションブックなど)を出している人も多くいます。

かなり影響力を持っており、自身のオンラインサロンを運営している人もいるでしょう。

メガインフルエンサー

メガインフルサーとは、フォロワー数100万人以上の非常に知名度が高い人たちのことを言います。インフルエンサー業界では、トップクラスの拡散力を持っており、芸能人や既に特定の業界で有名だった人が多いです。

フォロワー数は非常に多く、拡散力は高いでしょう。しかし「有名だからなんとなくフォローしてる」というフォロワーも増えるので、投稿に対しての反応は低くなります。

拡散力はあるが、親近感やコミュニケーションの深度が下がるのがメガインフルエンサーです。

各媒体ごとのインフルエンサーが持つ影響力

インフルエンサーは媒体によっても、保持している影響力が違います。

現在のインフルエンサー等は、以下に3つの媒体に存在し、また各自が3つのプラットフォームを複合して利用していることが多いです。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

各媒体の特徴とインフルエンサーの影響力が及ぶ範囲、さらには有名なインフルエンサーの一例まで解説します。

Instagram

Instagramのインフルエンサーは、特に女性向けのサービスに特化しています。元々写真を撮影して、オシャレで憧れの生活を閲覧したり、真似することがコンセプトのためです。

インスタグラムの利用者は、6割が女性であり、利用者層から見ても女性向けサービスへの影響力が強いと言えます。

特に以下のようなジャンルで成功しているインフルエンサーが多いです。

  • ファッション系
  • コスメ
  • 美容
  • ダイエット
  • 料理

Twitterのようにリツイート機能がないため、拡散力には欠けます。しかし、ビジュアルでの訴求が可能なため、「このインフルエンサーみたいになりたい」という女子絵の願望を刺激しやすいです。投稿自体にURLを貼り付ける機能はありませんが、インフルエンサーのフォロワー数によっては、ストーリーで商品ページへの直接リンクを貼ってもらい宣伝してもらえます。

Twitter

Twitterは、140文字の短文で情報を発信する媒体です。Twitterインフルエンサーは、ライフハックや価値のある情報を発信し、フォロワー数を増やしています。

また最近は、イラストレーターや漫画家がTwitterで作品を公開、拡散力を利用して影響力を高めています。

  • ビジネスノウハウの発信
  • 面白い情報のまとめ系
  • ライフハック
  • レシピ

以上の他にも、さまざまな分野の情報を発信しているインフルエンサーが多いです。男女比も1:1とバランスが良いので、幅広い範囲に影響を与えられます。

TwitterはRTやいいね!をした投稿が、各自のタイムラインに表示されるため、投稿がフォロワー以外の目につきやすいのも特徴です。

拡散力が強く、フォロワー数以上の影響力を持っているのがTwitterインフルエンサーです。

Youtube<

Youtubeのインフルエンサーは、各自のチャンネルで専門的な情報を発信する人たちです。チャンネルのジャンルはかなり幅広く、世界で最も視聴されている媒体と言えるでしょう。

動画と口頭での説明ができるため、視聴者に向けてより詳しい解説が出来るのがYouTuberの強み。

また、全世代の80%がYouTubeを使用しており、他のSNSと比較して年齢層を選ばないのも特徴です。

  • ビジネス系
  • 勉強系
  • 釣り・アウトドア系
  • 美容系
  • 料理系
  • くらし系(丁寧な暮らし・ライフハック等)
  • ガーデニング

最近YouTubeではメンバーシップというファンクラブ機能が付帯され、ファンとの距離感を縮める試みもされています。

有名なインフルエンサーは10万人以上の規模から100万人超えにも上り、登録者に対して影響力が強いです。

マーケティング効果を発揮するにはインフルエンサーの規模と媒体選びが重要

インフルエンサーマーケティングを行うには、インフルエンサーの規模や媒体を慎重に選ぶ必要があります。

それぞれの媒体と規模について、向いているインフルエンサーの選び方を解説します。

女性向けの商品やサービスならInstagramやYoutuberのインフルエンサー

30代までの女性をターゲットにした商品やサービスは、InstagramやYoutubeが適しています。

インフルエンサーの規模ですが、Instagramではナノインフルエンサーでも十分な効果があるでしょう。ファンとの距離が近く、商品についての質問の返答なども丁寧にしてくれるからです。

特に美容製品については、ステマではないか?など懐疑的な見方をする人が増えています。影響力自体は低くても、ナノインフルエンサークラスの方が信頼を勝ち得ているケースも多いからです。

注意点としては、TikTokは、投稿自体にURLを貼り付けることができません。そのため投稿から自社のインスタグラムアカウントへタグを飛ばしてもらう、ストーリーを活用するなどの工夫が必要です。

新商品の宣伝やイベントの告知はTwitterのインフルエンサー以上

画期的な新商品の宣伝や、書籍の発売やイベント等の告知をするなら、Twitterが向いています。拡散力が高く、フォロワー以外の目に触れる機会が多いからです。

インフルエンサーの規模は、ミドル以上のインフルエンサーの宣伝効果が高いでしょう。拡散してくれるファンが多いため、多くの人の目に告知が届く可能性があります。

Twitterは拡散力の高さから、文言1つで誤解が生じ、炎上を産むリスクがあると覚えておいてください。

誤った商品宣伝の方法をとると、一気に商品や企業ブランディングが下がるリスクがあります。インフルエンサーとよく相談し、投稿の確認をするなど慎重にTwitterでのマーケティングを行う必要があるでしょう。

高齢者向け・商品のより詳細なPRをしたいならYoutube

年齢層が上の商品、またはサービスや商品についてより詳しく解説してほしい場合は、Youtubeのインフルエンサーが良いでしょう。

他のSNSよりも年齢層が幅広く、また専門性を持ったチャンネルが多いため、ユーザーに対して刺さるマーケティングができます。

Youtubeは動画の尺が長く、ビジュアルと言葉の双方で視聴者にアプローチできます。マイクロインフルエンサー以上なら、ある程度の宣伝効果も見込めるでしょう。

ただし、Youtubeは動画撮影・編集の手間がかかるため、すぐに辞めてしまう人がいるのも特徴。インフルエンサーを選定する場合は、チャンネル運用実績を見て、継続性がある人を選ぶことも大事です。

まとめ

今回はインフルエンサーの意味について紹介しました。インフルエンサーと一概に言っても、規模によって呼び方が違い、影響の範囲が変わることがわかったのではないでしょうか。

インフルエンサーマーケティングは、現在主流な宣伝方法で、市場も拡大しています。

効果的な規模のインフルエンサーを選定し、媒体を厳選することで、効果的な宣伝効果を得られるでしょう。

そのためには、今回の記事で紹介したように、インフルエンサーの規模や媒体別の意味を理解することが大切です。

自社商品やサービスの販促拡大のためにも、インフルエンサーの意味を知り、マーケティングに活かしましょう。

explore a way to go
最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG