NO IMAGE

インフルエンサーマーケティングの市場規模は5年間で17倍!2022年以降はどうなる?

「インフルエンサーマーケティングの市場規模拡大は、今後も続く?」「世界的に見て、インフルエンサーマーケティングはどの程度の市場規模?」

世界でのインフルエンサーマーケティングの市場規模は、2021年には一兆円に到達する見込みです。日本でも425億円と予測されており、2022年以降も市場規模は拡大傾向の予測です。

ネット広告や通販が買い物の主流となった現在、インフルエンサーマーケティングの市場規模は非常に大きいと言えるでしょう。

今回はインフルエンサーマーケティングの市場規模や媒体別の比較、2022年以降の市場規模の拡大傾向について解説します。
自社の販促や認知向上のために今からインフルエンサーマーケティングに参入したい企業の方は、市場を理解してから宣伝広告方法を決断しましょう。

インフルエンサーマーケティングの市場規模とは

インフルエンサーマーケティングの市場規模は、年々上昇しています。

Influencer Marketing Hubがこのほど実施した調査「Influencer Marketing Benchmark Report 2021」の結果を踏まえて、市場規模について詳細に解説しましょう。

世界規模では2021年には1兆円以上に達する見込み

インフルエンサーマーケティングの市場規模は、2021年末には1兆円以上に到達する見込みです。
日本の市場規模は、425億円程度ですが、世界ではインフルエンサーマーケティングの力が圧倒的に強くなっています。
例えば、アメリカのキム・カーダシアンの妹であるカイリージェンナー(インスタグラムフォロワー数2億人以上)などは、商品PR1投稿につき、1億円以上の報酬を支払われているんです。2020年に彼女がInstagramで得た収入は、なんと20億円以上。
企業がそれだけの報酬を払えるということは、彼女の1投稿にそれだけの価値があるからですね。
報酬額からも分かるように、SNS文化が浸透している各国では、インフルエンサーマーケティングの市場規模は拡大し続けています。
<h3>2025年には1兆1,771億円に到達すると予測されている
同リサーチによると、インフルエンサーマーケティングの市場規模は、2025年には1兆1,771億円に達する見込みです。
2兆円をこす勢いであり、今後もSNSでの宣伝広告は有効な手段と見られています。

日本も同様にインフルエンサーマーケティングが拡大していくと予想されており、今後企業のメインの宣伝方法は、SNSへ移行していくと言って良いでしょう。

媒体別インフルエンサーマーケティングの日本の市場内訳

次に、媒体別にインフルエンサーマーケティングの、日本での市場内訳を解説します。
現時点でメインになっている3媒体と、他のプラットフォーム別に、市場規模を調査しました。

Youtube 170億円

Youtubeの市場規模は、170億円と日本では最も多くなっています。現時点ではYouTubeを利用したマーケティングが、日本では主流です。
日本の現在の市場規模が425億円ですから、なんと4割がYoutubeを通じたマーケティングを行なっています。
特に人気なのが、美容カテゴリ、キッズ向けの商品・サービス、家電・エステです。

動画で濃厚な情報を発信できること、またYouTubeを利用している層が多いことから、多くのターゲットにリーチできます。

YouTubeの市場規模は170億円と伸びており、有効な宣伝方法であると言えるでしょう。

インスタグラム:115億円

日本でのInstagramのインフルエンサーマーケティングの市場規模は、115億円です。Instagramはもともとアフィリエイトのリンク投稿ができませんでしたが、最近はストーリーでリンクを貼り付ける機能をインフルエンサー向けに追加しました。
購買リンクを拡散できるようになったため、販売に大きな効果を発揮する媒体になっています。

特に女性・若年層向けのコスメ・アパレル系が人気です。最近は、ショート動画を用いて、ダイエット向けサービスも活発になりました。

ブログ・Twitter:90億円

日本のブログ・Twitterの市場規模は、90億円です。ブログは濃厚なファンがつきやすい媒体であり、リピーターへの影響力が絶大。
Twitterは拡散力が強く、商品の販売だけでなく、イベント告知やサービスの認知向上に有効な媒体です。影響力の強いインフルエンサーが多く存在することから、日本でも市場規模を伸ばしています。

その他:50億円

近年の日本では、TikTokなどの若者向けの媒体も市場規模を伸ばしています。TikTok自体に収益機能がありませんが、PRで収益を得ているティックトッカーも多いのです。
特にライブ配信機能の強化により、商品を実際に生配信で見せながら宣伝する手法が生まれました。
今後はTikTokの他、新たなSNSでもインフルエンサーマーケティングが行われるようになるでしょう。

日本国内のインフルエンサーマーケティングの市場規模

日本でのインフルエンサーマーケティングの市場規模について、より詳しく解説します。諸外国に比べて市場規模は少ないものの、CMや雑誌への出稿よりもコストが低く効果的なインフルエンサーマーケティングは、確実に伸びている市場です。
詳しく概要を知り、インフルエンサーマーケティングの有用性を確信する材料にしてください。

日本国内の市場規模425億円程度


日本国内のインフルエンサーマーケティングの市場規模は425億円です。世界に比べると小規模ですが、急速に伸びている市場です。
2016年にはわずか25億円程度でしたが、この5年間で17倍の425億円に市場が拡大しました。
その理由や概要、次の項目から解説していきます。

日本人へのSNSの浸透度は高い

日本人口の65%は、SNSを利用していると言われています。SNSの文化が確実に浸透しており、若者だけでなく、40歳以上の利用者も増加しました。
特に購買のターゲットになる、20〜40代のSNS利用率は高くなっています。
そのためSNS媒体を利用したマーケティングでの購入率は増加しており、インフルエンサーを通じた広告が有効なのです。

ネット広告への嫌悪が増えている

インターネットを経由した広告には、リスティング広告、ブラウザ広告もあります。しかし、近年は快適なブラウジングを妨げるとして嫌悪感を抱く人が多いです。
また、ネット広告には誇大広告も多いため、信用性自体が低く、クリックしないユーザーも増えてきました。
ブラウザの閲覧履歴から、最適化された広告が表示される画期的な機能もついていますが、個人情報を収集されていること自体に嫌悪感を抱く人もいるのです。

以上の経緯から、ネット広告の信用性が落ち、自分が好きなインフルエンサーのおすすめや口コミの方が信憑性が高く、好感を保たれていると言えるでしょう。

日本のインフルエンサーマーケティングの2022年以降の市場規模は?

最後に、日本のインフルエンサーマーケティングの2022年以降の市場規模動向を見ていきましょう。
今伸びている市場だとしても、来年は市場が急速に萎んでしまうこともあります。
来年もインフルエンサーマーケティングが有効なのか、冷静に判断しましょう。

毎年20%ずつ市場が拡大している

2022年以降も、インフルエンサーマーケティングの市場規模は拡大していく傾向にあります。近年のデータを見ると、毎年20%ずつ市場が拡大しているからです。
特にこの5年間のインフルエンサーマーケティング市場の伸びは凄まじく、5年間で25億円から425億円にまで伸びました。
現時点でSNSが衰退する傾向は見られず、プラットフォームの市場規模が変わるとしても、インフルエンサーマーケティング自体の市場規模は拡大していくでしょう。

Instagramに並びTwitterが主流になる

日本で現在主流なのは、YouTubeとInstagramです。Instagramの市場規模は現在115億円ですが、2025年には185億円に到達する見込み。
さらにTwitterについては、138億円に拡大すると予想されています。
マーケティング業界では、商品を売りたければ女性を狙え、と言われるほど女性の購買層は重視されます。海外でもInstagramを使ったマーケティングは今後も市場が伸びると言われており、Youtubeを超える可能性も十分あるでしょう。

Instagramはメインの利用者が女性ですが、Twitterは男性・有識者なども多く、ユーザーが幅広いです。
さらに拡散力が非常に強いので、認知向上や宣伝に有効として、改めてマーケティングの有効性が見直されている媒体。

もちろん目的やターゲットに応じて媒体は変えなければなりませんが、今後日本の企業も自社のSNSアカウントを作ったり、InstagramやTwitterでのマーケティングを戦略に取り入れるでしょう。

まとめ

今回はインフルエンサーマーケティングの市場規模について解説しました。2016年から2021年の5年間で17倍に市場規模が伸びています。
また、2022年以降もインフルエンサーマーケティングの市場は伸びていくと予想されているのです。
媒体が変化する可能性はありますが、自社ターゲット・目的に応じてインフルエンサーを選べば、広告出稿より低い予算で効果的に宣伝を行える可能性があります。
世界的にも市場規模が伸びているインフルエンサーマーケティング、現時点では市場規模自体は海外に比べて少ない状態です。
早めにインフルエンサーマーケティング市場に参入し、効果的な宣伝戦略を行えば、自社の販促や認知向上に役立つでしょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG