国内インフルエンサーマーケティングの事例

はじめに

 今回は国内インフルエンサーマーケティングの事例を見ていきます。TwitterとInstagramを対象にし、宣伝した人一人当たりフォロワーの人数が100万人以下に限定した事例を紹介します。

Twitter事例

1.森永製菓株式会社 バレンタインキャンペーン「友チョコ方程式」

 友チョコ世代である10代~20代に人気があるインフルエンサー5人組がダンス動画を作製、Twitterで拡散しPRした。「友チョコ方程式」を含む関連ツイートが43,000超、動画再生回数は10万回以上に達した。10代から20代前半に明確にターゲットを絞った結果、この世代に一番効果的な宣伝手法としてインフルエンサーマーケティングを選択した事例になっている。

2.パナソニック株式会社 空気清浄機「ナノイーX」

 インフルエンサー系の漫画家4名を起用。ナノイーXをテーマにした漫画を各漫画家が作成し、Twitterに投稿した。「#助けてナノイーX」というハッシュタグを拡散した。またインフルエンサーマーケティングに合わせ、ナノイーXの過失空気清浄器を抽選で10名にプレゼントするキャンペーンも実施した。

3.大正製薬株式会社 RAIZIN

 漫画家「凸ノ高秀」を起用。商品が登場するショート漫画を定期的に投稿することによってPRをした。リツイート数は約9,000件、いいね約40,000件(初回投稿)、2回目以降の投稿はいいね数百〜約7,000件に達した。「RAIZIN」はこの他にも複数の漫画家とタイアップしている。マンガ内容はエナジードリンクを飲むきっかけを様々な状況をコメディタッチで描くことでユーザから高い共感を得た。

4.味の素株式会社 鍋キューブ

 株式会社バスレシピ代表・料理研究家「リュウジ」が鍋キューブを使ったアレンジレシピをTwitterで紹介。インフルエンサーのアレンジレシピをホームページに掲載した。各投稿でリツイート数は約1,100~3,600件、いいね約4,700~13,500件に達した。

5. 株式会社ロッテ  EATMINT「#イートミントなう」キャンペーン

 フォロワー10万人超えのアルファツイッタラー、起業家、芸能人、イラストレーター、ライター、フォトグラファー、モデルなどあらゆる分野のインフルエンサーを総勢101名起用した。メインターゲットを30代のビジネス層に設定し、Twitterトレンド1位を獲得。その後もトレンド入りを4時間キープした。ネットでの話題性を優先し、101名という大規模な動員をかけることで、話題性を得ることに成功した。

Instagram事例

1. 資生堂ジャパン株式会社 「ザ・コラーゲン」

 タレント5名、一般人インフルエンサー1名をキャスティングし、インスタグラムのフィード・ストーリーズ1回の投稿を行った。キャンペーンページを作成し、インフルエンサーのレビューを多数掲載。インスタと並行して、アメブロからもインフルエンサーを引っ張り、ターゲットである女性層に広く届くことを目的にPRを実施。

2.株式会社くらしにくふう 「ヨムーノ」(不動産・住宅売買情報サイト「オウチーノ」が運営するくらし情報WEBメディア)

生の情報を提供する「情報提供者」を重視しており、子育て中のママやDIY好き、節約好きの主婦、整理収納アドバイザーや、管理栄養士など暮らしで役立つ資格を持つ人、そして強烈なこだわりがある人をライターとし、リアルな情報を記事として提供している。「ヨムーノメイト」という「暮らしの達人」のインスタグラマー組織(170名以上)を立ち上げている。サイトでの情報発信と同時に、インフルエンサーから得た情報をもとにした自社のインスタ投稿を多数実施。

3.阪急うめだ本店 「たい焼きソフト」の商品およびイベント

 フリーランスのフォトグラファー「きょん。」を起用。商品の写真とレビュー投稿、イベント特設アカウントのタグ付けを行い、イベントそのもののPRも行った。「バレンタインチョコレート博覧会」を開催。たいやきソフトは目玉の1つだった。投稿からわずか2日でいいね数は4,000件以上を突破し、多数のコメントも投稿された。またただ写真を投稿するだけでなく、イベント特設アカウントへのタグ付けもされていたのが特徴。

4.株式会社ストライプインターナショナル E hyphen world gallery CIRCUSと「ゆうこす」のコラボアイテム

インスタグラマーのゆうこすを起用。コラボアイテムの告知を投稿したり、インスタライブを行うなどでPR。コラボアイテム販売当日の30分前、21時からインスタライブ、LINELIVE、YouTubeLIVEで商品の紹介生配信を行う取り組みを実施した。コラボアイテムの特設ページも作成した。リアルタイムでユーザの購買意欲に火をつけることを目的としたインフルエンサーマーケティングならではの施策を実施した事例。

5. Tomofun株式会社  Furboドッグシッター

 ペット系インスタグラマー「たまねぎ」を起用し、Furboドッグシッターを使って撮影した動画を投稿した。キャプションでも製品やサービスについて詳しく解説しているのが特徴。製品を購入する際に利用できるクーポンコードも広告に提供されていることで、閲覧したユーザに製品の購入を促す施策も同時に実施した。

終わりに

 今回はTwitterとInstagramを中心に、具体的な事例を見てきました。いずれもインフルエンサーマーケティングの特徴であるリアルタイム性や広告のターゲットを明確に絞った施策を行っていました。参考URLは下記に記載しています。

参考URL

Twitter事例

1.

https://since2018.jp/knowledgebase/case-study/2389/
https://profuku.com/magazine/article/37/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000015757.html

2.

https://twitter.com/hashtag/%E5%8A%A9%E3%81%91%E3%81%A6%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%BCX?src=hashtag_click

3.

4.

https://twitter.com/search?q=%23%E9%8D%8B%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%20%23%E3%81%86%E3%81%BE%E5%A1%A9%20%23pr&src=typed_query&f=live

5.

https://predge.jp/100499/
https://inf.buzz/articles/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A7%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%97%E3%81%9F4%E3%81%A4%E3%81%AE/

Instagram事例

1.

2.

https://snaplace.biz/influpr/
https://www.o-uccino.jp/article/posts/46171

3.

4.

https://stripe-club.com/cts/circus.html

5.

https://shopjp.furbo.com/
最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG