インフルエンサーマーケティング成功のカギは効果分析?!具体的なコツや手順とは?

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、「効果分析」が重要になります。

一切効果分析をせず、ただ宣伝活動だけを行っているだけでは、高い効果を得ることはできませんし、場合によっては失敗に終わってしまう可能性が高くなるのです。

この記事では、インフルエンサーマーケティングにおける効果分析の重要性と、具体的なやり方について詳しく解説していきます。

 

インフルエンサーマーケティングで効果分析が重要になる理由

インフルエンサーマーケティングに限った話ではありませんが、マーケティング活動を成功させるためには、分析や改善が必要になってきます。

インフルエンサーマーケティングを「やりっぱなし」にしてしまうと、費用対効果を高めることもできなくなってしまいますし、本当に効果が出ているのかもわからなくなってしまうのです。

 

効果分析の方法は活用するSNSによって違う?

インフルエンサーマーケティングにおける効果分析の方法は、活用するSNSによっても違ってきます。

では、効果分析を行う際のコツやポイントを、SNSごとに詳しく見ていきましょう。

 

ツイッターを活用する場合

ツイッターには、KPI数の確認機能がデフォルトで搭載されています。

この機能を活用することで、

・いいね数
・リツイート数
・プロフィールのクリック数
・詳細のクリック数
・エンゲージメント
・インプレッション

などを確認することができます。

例えば、インプレッション数を確認することで、どの時間帯に投稿すれば良いかがわかってきます。

このように、それぞれの項目を徹底的に分析し、改善を繰り返すことで、より高い効果を得やすくなるのです。

 

インスタグラムを活用する場合

インスタグラムでビジネスプロフィールを作成した場合、「インスタグラムインサイト」という機能が使えるようになります。

この機能を活用することで、

・フォロワー数
・インプレッション数
・リーチ
・プロフィールビュー
・いいね数
・コメント数
・エンゲージメント

などを確認できるようになります。

例えば、エンゲージメントを分析することで、いいねの数やコメントの数などを確認することができますので、

・興味を持ってもらいやすい投稿
・興味を持たれにくい投稿

を把握できるのです。

 

フェイスブックを活用する場合

フェイスブックを活用する場合、「フェイスブックインサイト」というツールを活用して効果分析を行います。

確認できる項目としては、

・フォロワー数
・いいね数
・リーチ
・ページビュー
・ページプレビュー
・アクション
・PVやクリック数

などがあります。

例えば、投稿ページを閲覧したユーザーの数を確認できる「リーチ」を分析することで、重要度の高い投稿や、興味を持ってもらいやすい投稿を把握することが可能になるのです。

 

具体的なインフルエンサーマーケティングの効果分析手順は?

このように、それぞれのSNSで効果分析に使用するツールや指標は異なりますが、効果分析の手順については、どのSNSでもほぼ同じです。

では、具体的なインフルエンサーマーケティングの効果分析手順について詳しく見ていきましょう。

 

1:KPIに対する達成度を確認

インフルエンサーマーケティングの効果分析を行う際は、まずKPIに対する達成度を確認していきます。

今回はわかりやすいようにKPIを「売上数」に設定します。

事前に設定した売り上げ目標と比較し、実際の売上数がどれくらいになっているのかを確認していくのです。

SNSマーケティングにおいては、商品が売れるまでに、

・ユーザーが商品を確認する
・URLをクリックし、LPなどに飛ぶ
・購入する

という工程を挟みますので、リーチ数やクリック数、購入数など、それぞれの指標についてもしっかりと確認しましょう。

 

2:達成度に対して、「なぜそうなったか?」を考える

KPIの達成度が確認出来たら、

「なぜそうなったのか」

を確認していきましょう。

例えば、達成度が目標よりも30%低かった場合、

・インフルエンサーと企業の相性が悪かった?
・広告臭が強すぎた?
・誘導文に問題があった?
・LPが見にくかった?

など、様々な原因を考え、仮説を立てていくのです。

 

3:2で考えた仮説が本当なのかを確かめる

次は、先ほど考えた仮説が本当なのかを調査していきます。

例えば、

・誘導文に問題があった?

これが原因だという仮説を立てた場合は、誘導文を変更して一定期間検証を行うのです。

他にも、

・LPが見にくかった?

という仮説を立てた場合は、LPの内容を改善して、言って期間検証を行っていきます。

そうすることで、問題点や課題を炙り出すことができ、インフルエンサーマーケティングの効果を高められるのです。

 

4:成功要因や失敗要因をマニュアル化する

1~3番までの手順で効果分析を行うと、何らかの課題や問題点が見つかり、その問題や課題を解決するアイディアや方法も浮かんできます。

実際に検証を行って、効果が合った方法や失敗してしまった方法などを社内のマニュアルに残しておくことも非常に大切です。

そうすることで、インフルエンサーマーケティングの運用ノウハウがどんどん蓄積していきますので、コストを削減しながら効率的に運用できるようになるでしょう。

 

まとめ

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、効果分析が非常に重要です。

やりっぱなしの状態では、

・本当に成功しているのか
・成果が出ない原因は何なのか

がわからなってしまうのです。

それぞれのSNSで効果分析の要素や指標が異なりますが、効果分析の方法についてはどのSNSを活用する場合も大体同じ流れになりますので、今回紹介した方法を活用しながら、徹底的に効果分析を行っていきましょう。

「どうしても効果分析の手法がわからない」

「何をやっても効果が上がらない」

という悩みを抱えている方は、イラスト×インフルエンサーマーケティングを得意とするAsukuまでご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG