飲食店がインフルエンサーマーケティングを取り入れるメリットって何?

飲食店を経営している方、あるいは責任者の方の中には、

「インフルエンサーマーケティングを取り入れたい」

と考えている方もいるでしょう。

ただ、インフルエンサーマーケティングのメリットややり方がわからなければ、実際に行動を起こすことはできませんよね。

そこでこの記事では、飲食店がインフルエンサーマーケティングを活用するメリットと、具体的なやり方について詳しく解説していきます。

 

飲食店の集客にインフルエンサーマーケティングが最適と言える理由

では早速、飲食店の集客にインフルエンサーマーケティングが最適な理由について詳しく見ていきましょう。

 

SNSアカウントの認知度を上げられる

SNSが当たり前となった昨今では、店舗紹介をメインとしたSNSアカウントの運用も一般的となっています。

ただ、

「フォロワーが増えない」

「アクションが少ない」

というような悩みを抱えている担当者の方が多いのも事実です。

 

インフルエンサーマーケティングを行うことで、たくさんの見込み客にアプローチできますので、店舗アカウントの認知度や興味、関心を増加させられる可能性が高まります。

 

見込み客にお店の雰囲気やイメージを伝えられる

インフルエンサーマーケティングを行い、インフルエンサーに自店舗やメニューなどを紹介してもらうことで、まだ一度も店舗を訪れていない見込み客に、お店の雰囲気やイメージを伝えることができます。

そうすることで、

「行ってみたい」

「食べてみたい」

というユーザーの興味や関心を刺激することができ、集客効果が高まる可能性があるのです。

 

若年層へのアプローチができる

現代では、様々な年齢層のユーザーがSNSを活用しています。

特に若年層の利用率が非常に高くなっていますので、インフルエンサーマーケティングによって若年層にアプローチを行うことも可能なのです。

若年層というのは、インスタ映えやSNS上で何らかのアクションを貰うことにこだわりを持っているケースもあり、お客さんが店舗やメニューの写真をSNSに投稿し、その投稿を見たユーザーが来店するというポジティブな効果を得ることも可能になります。

 

インスタ映えに興味がある層にアプローチできる

先ほども解説したように、特に若年層は「インスタ映え」にこだわっています。

もっとわかりやすく言うと、

「どれだけオシャレな写真を挙げられるか」

「どれだけ人と違う投稿ができるか」

ということにこだわりを持っているのです。

 

つまり、インフルエンサーマーケティングを行って、

「インスタ映えするお店だ!」

ということをユーザーに広く認知させることができれば、高い集客効果が見込めるということです。

 

消費者の無意識的なニーズを刺激できる

マーケティングにおける重要な考え方に、

・消費者ニーズ
・消費者インサイト

というのがあります。

消費者ニーズというのは、ユーザーが自覚している欲求のことを指します。

例えば、

「焼き肉が食べたい」

などです。

 

一方、消費者インサイトというのは、消費者が自覚していない欲求のことを指します。

この記事を見ている方の中にも、ラーメンの投稿を見て、

「なんだかラーメンが食べたくなってきたな」

と感じた経験がある方もいるでしょう。

 

インフルエンサーマーケティングを行うことで、このような消費者インサイトを刺激することも可能になりますので、効率的に集客へと繋げることが可能になるのです。

 

飲食店がインフルエンサーマーケティングを行うにはどうすればいい?

インフルエンサーマーケティングは、時代の波に乗った効果の高いマーケティング手法だと言えます。

ただ、

「やり方がわからない」

という悩みを抱えている方も多いはずです。

では、インフルエンサーマーケティングは一体どのように行えばよいのでしょうか。

代表的な方法をいくつか紹介していきます。

 

インフルエンサーに直接アポを取る

知り合いにインフルエンサーがいる場合、直接アポを取って来店してもらうという方法もあります。

知り合いがいない場合でも、SNSでインフルエンサーを探して、ダイレクトメッセージなどを使って連絡を取ることもできます。

ただ、インフルエンサーにも様々な種類があり、店舗の雰囲気に合ったインフルエンサーをチョイスすることができないと、高い効果を得られなくなってしまいますので注意が必要です。

 

インフルエンサーが「来たい」と思えるようなメニューを開発する

インフルエンサーは、SNSアカウントが商売道具です。

つまり、

「映えない写真」

「質の低い写真」

は投稿したくないと考えています。

そのため、できるだけインフルエンサーに「来たい」と思ってもらえるような雰囲気づくり、メニューを構築することが大切です。

そうすることで、インフルエンサーとの交渉がスムーズに進みやすく、効果も実感しやすくなります。

 

インフルエンサーマーケティング専門業者に依頼する

インフルエンサーマーケティングは正しい方法で行えば高い効果を得られます。

ただ、

・インフルエンサー選びを間違える
・インフルエンサーマーケティングの相場がわからない
・効果分析のやり方がわからない

というような場合は、効果が出るまでに時間がかかってしまったり、全く効果を得られなかったりする可能性が高くなります。

インフルエンサーマーケティングやSNSに関する知識がない場合は、専門業者に依頼することがおすすめです。

そうすることで、専門の知識とノウハウを持つ業者がインフルエンサーの選定や、企画、運営などをサポートしてくれますので、集客に繋げられる可能性が高まるのです。

弊社Asukuでは、イラストを活用したインフルエンサーマーケティングを得意としています。

インフルエンサーとのマッチングだけではなく、

・企画
・運用
・効果分析

などのサポートも可能となっていますので、興味がある方はお気軽にご連絡ください。

 

まとめ

飲食店の集客や経営に課題を抱えているのであれば、インフルエンサーマーケティングを試してみてください。

正しい方法で行えば、よりたくさんのユーザーにアプローチを行うことができますので、集客や経営に関する課題を解決できる可能性が高くなります。

ただ、間違った方法で行ってしまうと、効果を得られなかったり、効果が半減してしまう可能性がありますので、インフルエンサーマーケティングに不安を抱えている方は、是非Asukuまでご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG