インフルエンサーマーケティングとステマの違いって一体何?

インフルエンサーマーケティングは、SNSの流行に乗った画期的なマーケティング手法です。

ただ、インフルエンサーマーケティングと似た言葉に「ステマ」というのがあります。

両者の違いや特徴を理解しておかないと、自社のイメージが悪くなってしまう可能性があるのです。

そこでこの記事では、インフルエンサーマーケティングとステマの違いについて詳しく解説していきます。

 

インフルエンサーマーケティングって何?

インフルエンサーマーケティングというのは、インフルエンサーに自社の商品やサービスの宣伝を依頼するというマーケティング手法です。

自社に合ったインフルエンサーを選ぶことができれば、自然な形で商品やサービスを宣伝でき、尚且つターゲットユーザーにしっかりとアプローチしていくことができるため、高い効果を安くなります。

 

ステマって何?

ステマというのは、正式名称を「ステルスマーケティング」と呼びます。

これは、企業からPRを依頼されたことを隠し、あたかも自分でその商品やサービスを利用したかのように宣伝していくことを指します。

 

インフルエンサーマーケティングとステマの決定的な違いは?

インフルエンサーマーケティングもステマも、インフルエンサーを活用したマーケティング手法であることには間違いありません。

ただ、両者の決定的な違いが1つだけ存在します。

それは、

「広告と明記しているかどうか」

です。

インフルエンサーマーケティングを行う場合、広告の中で必ず「これは広告である」という旨を明記します。

例えば、

・#PR

というような形です。

 

このような表記が一切なく、企業との関係が一切ないように見せかけてしまうと、「ステマ」になってしまいます。

 

ステマではなく「インフルエンサーマーケティング」を行うためには?

ステマを行ってしまうと、炎上してしまう可能性があり、企業や商品のイメージを低下させてしまいます。

では、ステマではなく「インフルエンサーマーケティング」を行うためには、一体どのような施策を実施すればいいのでしょうか。

 

「広告である」ということを明記する

まずは広告であることをしっかりと明記しましょう。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSでは、#を使って広告であることをアピールできるため、

・#PR
・#タイアップ
・#提供
・#プロモーション

というように、必ず表記してもらうようにしましょう。

 

しっかりと打ち合わせを行う

ステマと勘違いされないためには、ハッシュタグを活用して宣伝であることをアピールする必要があります。

ただ、それだけではなくインフルエンサーとしっかりと打ち合わせを行っておくことも大切です。

打ち合わせを疎かにしてしまうと、事実と異なるPRをされてしまう可能性が高くなり、悪気がなくてもステマのような宣伝になってしまうことがあります。

このようなトラブルを避けるためにも、かなり細かい部分まで徹底的に打ち合わせを行って、嘘偽りのない情報を宣伝してもらえるようにしましょう。

 

まとめ

インフルエンサーマーケティングとステマには、「広告である」という表記がされているか、されていないかという違いがあります。

広告という表記をしない「ステマ」を行ってしまうと、SNSが炎上してしまう可能性があり、企業イメージや商品イメージが一気に落ちてしまうのです。

堂々とインフルエンサーマーケティングを行い、商品やサービスの認知度や購買活動を促進するためにも、必ず広告である旨を明記して、インフルエンサーと徹底的に打ち合わせを行った上で宣伝をして行きましょう。

最新情報をチェックしよう!
>イラストエンサーマーケティング|Asuku

イラストエンサーマーケティング|Asuku

Illustencer.comを提供するAsukuでは、イラスト活動を行っているクリエイター様と、より効果のある宣伝方法を探している広告出稿主様との架け橋となるイラストエンサーマーケティングを提供しています。 ​

特にイラスト活動をご自身で行っている、かつSNSで絶大な影響力があるクリエイター様のことを当サービスではイラストエンサー(Illustrator +Influencer)と呼ばせて頂いております。
また、その他宣伝等のお問い合わせは「お問い合わせ」からお願いします。

CTR IMG